ZOZOスーツという名のタイツなアイツ。

去年の年末、このスーツの存在を知り価格も無料(送料のみ自己負担)なのでものの試しに注文してみました。

しかし問題が発生。

予想以上の反響に生産が追いつかずに一時中断。

仕様を大きく変更してコストも抑え、最初に発表したものとは全然違うスーツに変貌を遂げました。

この時点で今年の4月の話です。

長くかかりすぎてるのと、別物になってしまったことで、もうどうでもよくなっていたのですが、さらに手元に届くにはもう少し先になるという。

 

もうすっかり忘れてたそんな頃、ZOZOからメールが来ました。

 

む、もうほんとにいらないんだけど。。。

 

そして届いたタイツ。

最初の内容とは似ても似つかないチープで安価な感じです。

ちなみに発表当初はこんな感じ

この近未来感に憧れて申し込んだのに台無しである。

実は測定機能は二の次で、何かかっこよさげってだけで注文してたのです。

 

袋を開けて中身を出すと

お詫び状が入ってました。

スーツはコチラ

水玉模様のヒートテックのよう。

広げてみると

 

こんな感じです。

この水玉模様の位置で測定するのかな?

早速試着してみます。

 

ふむぅぅぅゔ

 

キツイ!

かなりタイトなタイツです。

タイツを装着して、アプリを立ち上げ準備します。

こんな間抜けな感じで、スマホの前を時計回りに回転しながら撮影することで測定するみたいです。

しかし、測定をする間このスーツを着ているのが辛い。

決してデザインが悪いとかそういうことじゃなくて(タイツは結構好き)全身の締め付けがきつくて辛いのです。

なんとか一周して測定終了です。

結果がこんな感じで出ます。

※数字は恥ずかしいのでモザイク掛けてます。

そして下の方にスクロールすると

この体型データで服を作るのボタンが。

押して見ると

シャツ、Tシャツ、デニムの販売ページに飛びます。

シャツはよくスーツを着る機会があるならいいなと思いましたが、Tシャツと、デニムはピッタリめが好きな人や、ダブっと着たい人、短めがいい人、長めがいい人など好みの問題もあるので、正直使えないかなと思いました。

まぁ参考程度に自分の体のサイズを知れるのと、定期的に測定することにより、体型管理はできるかなと思います。

 

オイラはこのスーツを丁寧に畳み、クローゼットの奥にしまいましたとさ(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です