鹿のフンよけても踏むよ東大寺。【奈良ポタリング】

仕事もやっと忙しい時期を越え、予定を見ていると休暇が取れそうな日があります。

ポタリングモードON!

行き先を勝手に探し始めます。(もう休暇を取るつもり)

 

いつも東寄りの方角ばかりに行ってるので、西の方向を探してると、奈良のツアー・オブ・ジャパン1)ツアー・オブ・ジャパン(Tour of Japan、略称TOJ)は、毎年5月に日本で行われる自転車ロードレース大会。主催は自転車月間推進協議会。自転車月間(5月)における最大のイベントとして開催される。が開催されてたときのページに目が止まりました。

奈良かぁ、近いし久々に東大寺と鹿にも会いたいな。

ということで、今回のポタリングは奈良に決定!

 

そして当日の朝、この日は平日だったのでラッシュを避ける為に電車移動をやめて車で奈良まで移動します。

名阪国道2)名阪国道(めいはんこくどう、MEIHAN EXPRESSWAY)は、一般国道25号のバイパス道路で、三重県亀山市の亀山インターチェンジ (IC) から、伊賀市などを経由し、奈良県天理市の天理ICへ至る高速道路(高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路)である[1]名阪(英語: MEIHAN)と略される。法的根拠である国土開発幹線自動車道としての路線名は、近畿自動車道名古屋大阪線(名古屋市 – 吹田市)である。を通っていけば、約1時間半で到着です。

 

今年の4月にオープンしたばかりの道の駅レスティ唐古・鍵に車を止め、いざ出発!

建物も道もピカピカ!

ここのマスコットになっているタワラモトン

田原本町の公式キャラクターらしい。

プロフィールを見ると

  • 氏名:タワラモトン
  • 生年月日:9月30日
  • 好きな食べ物:おにぎり、味間いも、イチゴ
  • 性格:活発で明るい、超ポジティブ
  • 特徴:町のPRのために、長い眠りから目覚めた。
  • 語尾に「トン」をつける。
  • 気が向いたら飴を配る。

ありがちなプロフィールなのだが、最後の「気が向いたら飴を配る。」は要るのだろうか?

微妙に関西のオバちゃんに寄せて親しみを持たせようとしている意図がみえる。

ここからツアー・オブ・ジャパンのコースになっていたところまでは約20km程度です。

 

しばらく走ると、なにやら派手なテントのようなものが見えてきました。

移動サーカスのようです。

ボウリング場の駐車場で開催されているワールド・ドリーム・サーカスでした。

横には大車輪体験500円とありますが、こんなもの素人がやっても大丈夫なのだろうか…

 

まだまだ先は長いので先を急ぎます。

暫く走ると世界文化遺産の文字が目に付き停車。

入り口の所まできますが、門からは入れず拝観料を払って裏手に回って参拝するようなので、目的外ということもありスルーすることに。

常々思うのが、お賽銭は入れたいと思うのですが、拝観料という形で入り口で支払うと有り難みも何もないと感じるのはオイラだけでしょうか?

いっそのこと入り口に賽銭箱でも置いてもらったほうが気持ちよく参拝できるのに…

長居は禁物、先を急ぎます。

 

そして、やっとツアー・オブ・ジャパンのコースの入り口に到着です。

といっても先のダム周回がレースのコースなのでまだまだ先なのですが、入り口の所でコンビニを見つけ休憩します。

すると、いかにも関西のおばちゃんが大きなガラガラの声で話しかけてきます。

関西おばちゃん「にぃちゃん!どこから来たん?」

オイラ「三重からです!」

関西おばちゃん目を丸くしてます。

新しく出来た道の駅から来たことを伝えると。

関西おばちゃん「あそこはキレイでええな!」

関西おばちゃんと話をしてると、近所の主婦らしき人が両手の袋いっぱいにペットボトルを持ってきてコンビニのゴミ箱に入れ始めました。

関西おばちゃん眉をひそめて見てます。

関西おばちゃん聞こえるような声で「あんなんしたらアカンわ!」

関西おばちゃん聞こえるような声で「あんなんしたらゴミ箱無くなるで!」

オイラ聞こえるような声で「最近はお店の中に設置してる店もあるでな!」

しかし主婦も肝が座ってます。何も聞こえないようなフリをしてすべてのペットボトルをゴミ箱に詰め込みその場を離れていきます。

関西おばちゃんと顔を見みると、やれやれという表情してます。

オイラも一人暮らしが長いのでゴミ出しの面倒くささは分かるのですが、人の敷地のゴミ箱に捨てて迷惑を掛けるような人にはなりたくないなと思うのでした。

少し気分が悪くなったのですが、関西おばちゃんが「頑張っていきや!」と応援してくれたので、気分を取り直しダムに向かって出発!

この先ダムまではツアー・オブ・ジャパンのパレード走行コースとなっていたので、軽い気持ちで走り出します。

しかし、ここが奈良だということをすっかり失念してました。

そう、奈良は京都と同じで周りがほとんど山なのです。

所々にならクルの標識があります。

しかし、ずーーーーっと登り。。。

鈴鹿山脈の悪夢が蘇ります。

一旦山頂らしき開けた所に出ますが、まだ登り。。。

 

死ぬ!

 

調べると、ダムまで20km以上ほぼ登りが続くらしい。。。

 

無理だこれは!

 

そう、まだ何もしてません。こんな所では終われません!

ということで、ダムを目の前にして横道に逸れました(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

 

 

そこからも登りはあるのですが、下りが多いのでなんとか走ってると、お食事処ののぼりが見えます。

 

極度の疲労と、お昼時だったので迷わずお店に入ります。

圓成寺に隣接する峠の茶屋「」です。

店内は味のあるいい感じです。

席につくと、女将さんらしき人が温かいお茶を出してくれます。。。

無理です。

オイラ「み、水ください!」

ただ事ではないオイラの注文に、コップの水だけではなくポットごと水を持ってきてくれました。

落ち着いてメニューを見ると、オススメっぽいにゅうめんのセットが目に付きますが、今のオイラに熱いものは禁物。

冷たいのもいけることを確認して、とろろ蕎麦のセットを頼みました。

とろろ蕎麦に目が行きがちですが、手前の黒い物が気になります。

さっそく蕎麦を一口。安定のうまさです!

そして気になっていた手前の黒いものに箸を付けると、どうやら角煮っぽい。

茶屋の角煮。そんなに期待せずに口に入れると

 

うまい!

 

煮込んでトロトロになった角煮の表面を炙ってあるので、香ばしくて味付けも最高!食欲をさらに刺激します。

一気に食べきり女将さんに生き返った事を伝えると、圓成寺の中を散策します。

手前の池からパシャリ。

本堂です。

多宝堂。塔内には大日如来坐像が安置されてます。

春日堂・白山堂。もみじがとても綺麗でした。

 

その後、無事に山を降り、東大寺に到着。

平日ということで観光客はまばらで、ほぼ外国人です。

 

鹿公園の方に歩いていくと、いつものように鹿せんべい売り場の前に鹿が集まってます。

売れる前の鹿せんべいには飛びつかないのに、観光客が鹿せんべいを買った途端、襲うのはかなりの躾がなせる技なのでしょう。

 

鹿せんべいを購入して鹿に襲われる観光客を眺めていると、オイラのカバンに食べ物の匂いを感じ取ったのか、鹿に絡まれ始めます。

鹿公園はかなり広く、鹿がいっぱいです。

この鹿はかなり人に慣れてて、触っても平気だし、横に立って触れながら写真を撮っててもジッとしててくれます。

鹿のフンを避けながらなんとか脱出!

観光の際は足元にも注意!運じゃなく、フンが付きます。

 

鹿公園を抜け、春日大社の方へ移動し入口近くのカフェで休憩。

青梅ソフト。

ソフトクリームなのに青梅のおかげで爽快で、後味もサッパリしてて美味しいです。

その後、天気も怪しくなってきたので道の駅まで引き返すことにしました。

 

道の駅でお土産を物色してレジに進むと、なんとレジが自動。。。(何故か店員はカウンター内に3人います)

こういう所は、ふれあいなんかを考えて対人の方がいいんじゃ…

道の駅の外にはイカ焼き屋台が。

もちろん姿焼きじゃなく、関西地区の屋台であるプレスでジューの方です。

久々に食べたくなって購入。

 

この日の走行距離65km高度上昇666m

鈴鹿山脈まではいかないものの登りすぎだな…

しばらく奈良には近づかないでおこうと心に決めるのであった。

 

スポンサーリンク

脚注   [ + ]

1. ツアー・オブ・ジャパン(Tour of Japan、略称TOJ)は、毎年5月に日本で行われる自転車ロードレース大会。主催は自転車月間推進協議会。自転車月間(5月)における最大のイベントとして開催される。
2. 名阪国道(めいはんこくどう、MEIHAN EXPRESSWAY)は、一般国道25号のバイパス道路で、三重県亀山市の亀山インターチェンジ (IC) から、伊賀市などを経由し、奈良県天理市の天理ICへ至る高速道路(高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路)である[1]名阪(英語: MEIHAN)と略される。法的根拠である国土開発幹線自動車道としての路線名は、近畿自動車道名古屋大阪線(名古屋市 – 吹田市)である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です