献血に行ってきた。

こんにちは

今日は趣味というか、日課のようなものについて少し話そうと思います。

 

常に新しいことを見つけてチャレンジしているオイラは、ある節目の年に献血を始めることを決意しました。

 

初めは血液検査でも嫌なのに、わざわざ大量の血液を抜くなんて正気の沙汰じゃない!

と、献血否定派だったのですが、それじゃ何もしてないのに吠えてるどこかの政治家と同じだなと思い直しチャレンジしてみることにしたのです。

 

虎穴に入らずんば虎子を得ず!です。1)虎の子を得るためには、の住むほら穴に危険をおかして入らねばならないことから、危険をおかさなけれ大きな成功や功名はられないということ。 後漢の班超が匈奴との戦いで危機に陥ったとき、部下に言った言葉から。

 

献血というと、狭いバスや、テントなどでやっているイメージですが、実際はキレイな部屋で歯医者にあるようなリクライニングに寝転んでテレビを見てれば終わります。

 

 

置いてある自販機はお金を入れずとも飲み物が出てきて、お菓子、多様な雑誌、マッサージチェアーまであり献血した後かなりくつろげます。(結構長い時間そこで過ごしてる人もちらほら)

これだけでも結構イメージ変わった人が結構いると思います。

 

しかしそれだけではないのです!

 

毎回記念品的なものが貰えたり、ポイントを貯めればさらに何か貰えます!

 

何かとは何だ!とお怒りの皆様、お鎮まりください。

 

ご厚意で頂ける物にケチつけてはいけません!

とは言いつつも、気になるでしょうからオイラが貰った物の一部をお見せします。

 

上からマスク、食器用洗剤、献血ちゃんサランラップ、絆創膏、献血ちゃんボディタオル、ハンドタオル、献血ちゃん液体洗剤

この他に、歯磨き粉、クリアファイル、3色ボールペンなど多種多様です。

地域や場所によっても貰えるものが違うかもしれません

洗剤系の物を結構貰えるのがありがたいですね。

ちなみに食器用洗剤は買ったことないです。

 

他のメリットとしては、毎回検査成績が送られて来ますので、急な体の変化などに気づきやすくなります。

今回はコレステロール値が少し高かったからDHAの取れるような物を多めに摂るようにしようとか、ヘモグロビンが少なめだったから鉄分をもっと摂って増やさなきゃなってな感じです。

これだけで健康管理できる!って言ってる人もいるようですが、あくまで献血のついでの記録なので目安程度に参考にして、ちゃんと健康診断は受けましょう。

 

その他のメリットとしては、オバちゃんに神様のように慕われれます!

 

なーんだそんなのいらね!って言ってはいけません!

 

人生の中で神様のように慕われる事なんて住職か、教祖にでもならない限り、ほぼ無いです!

 

行くたびに、この人は神かと言わんばかりの顔で満面の笑みをいただけます!

 

実はこれが一番楽しみだったりします(笑)

 

献血できる回数は年間で決まってて

男性なら400cc 年4回

女性なら200cc年3回までです。

これは10分程度で終わります。

 

あと成分献血というのがあって、血小板、血漿のどちらかを採って血液は戻ります。

成分だけ採るので時間は少し長くて40分~1時間以上かかることもあります。

これは2週間に一回ぐらいのペースで行けます。

 

ちなみに血液は水みたいなものなので、献血後、水分補給さえしっかりしてればすぐにもとに戻るので心配なさらずに。

 

近年、若い人が減ってきて、深刻な血液不足になってるそうです。

少子高齢化時代で、ますます血液が要るのに提供できる人は減っていきます。

ムリして行くことも無いとは思いますが、暇だし一服しにいくか程度で気軽に行ければいいかなって思います。

 

ちなみにオイラはいつも「いっぱい抜いて!」って言ってオバちゃんに笑われます(´・ω・`)

 

ハグラビ さかな暮らし
スポンサーリンク

脚注   [ + ]

1. 虎の子を得るためには、の住むほら穴に危険をおかして入らねばならないことから、危険をおかさなけれ大きな成功や功名はられないということ。 後漢の班超が匈奴との戦いで危機に陥ったとき、部下に言った言葉から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です