横浜に宿泊!【後編】

前回無事に宿泊できることになったオイラ

夜の横浜に繰り出すのである。

 

とりあえずネオンに向かって歩いてみる

…虫と心理は同じだな。

などとくだらないことを考えながら繁華街らしき所に向かいます。

 

飲み屋、チエーン店、キャッチ…

四日市とほぼ同じである。

 

憧れの街はこんなんじゃなーい!

 

勝手なイメージを持っているオイラは、キャッチを振り払いネオンと反対方向へ

後は、ターミナルの方に向かうしかないのか…

 

なぜターミナルをためらうかというと、前回も説明したアレがあるのである。

 

食欲と、階段…

当然、食欲の勝ち!

 

階段を昇りターミナルに向かいます。

 

HP:0に近いオイラにはこれ以上移動する力はありません。

駅ビルなら何かあるはず!

看板を探します。

 

あった!

9,10階か…

 

探す気力もないので、仕方なく上へ

ふむふむ、何かどこも高そうだな…

冊子を取って確認してみると

 

む!

 

東京に行った時によく通った六厘舎が手がける「舎鈴1)つけ麺の有名店「六厘舎」が手がける「舎鈴」。 魚介やトリガラの旨みが凝縮されたスープに、小麦の旨みを感じる麺。至高の一杯をお楽しみください。なるお店があるではないか!

 

お前に決めた!

 

場所を確認します。

 

むむむむ!!

 

…1階。

 

しかし、つけ麺口(つけ麺しか受け付けない)になっているオイラを誰も止められません!

看板の指示に従って階段を駆け下ります。食欲おそるべし!

 

…無い

 

どこを探そうとグルメストリートらしきものが見えません。

暫く改札付近を徘徊して

これ、地下の間違いなんじゃ?

 

確認するも地下にそんな施設は存在しません

 

食欲で復活した体力も、もう限界です。

 

コンビニ寄って帰るか…

少し駅から離れた方向に移動し始めます。

 

!?

 

あった!

というか、離れすぎ!

 

なんとここ、新横浜駅に最初到着した場所だったのです。

…疲労感が半端なく押し寄せてきます

 

気を取り直してお店へ

閉店間近だった為か、行列もありません

すんなり席について注文!

 

疲れたオイラの体に染み渡る旨さでした!

 

その後、体力の無くなったオイラはショップでオススメと言われた夜景を見ずに真っ直ぐホテルに帰ったのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

脚注   [ + ]

1. つけ麺の有名店「六厘舎」が手がける「舎鈴」。 魚介やトリガラの旨みが凝縮されたスープに、小麦の旨みを感じる麺。至高の一杯をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です