ひょっこり日間賀島!【後編】

前回はソフト食べ過ぎで島までたどり着けませんでした。(´・ω・`)

 

それでは、いよいよ日間賀島上陸!

 

上陸してテキパキと自転車を組み立て準備します。

天気がいいのも相まって、日本なのにほのぼのした空気を感じます。

次の船が到着すると食事する所が混みだすそうなので、早々に島を一周することに

一周10km程度の距離です。

どこを走ってもオーシャンビューなので景色は最高!ここまで来るのに結構走ってきたのにペダルは軽く軽快に島を回ります。

 

そして、この島一番のおすすめスポットに到着。

ハイジのブランコ」や「恋人ブランコ」と呼ばれるブランコらしい

何でもメルヘンチックなブランコに乗ると、空と海の中に飛び込んでいけそうな素敵なスポットなんだそう

カップルがイッパイ並んでます。

特に彼氏は彼女のインスタ映えを狙うのに必死…

これを遠目から見たら何がインスタ映えなのか意味不明である。

その彼女が彼氏の存在を消してアップしてたら、さらに彼氏には意味不明である。(フォロワー増やす為に意外とやりそう)

島に着いてから、やたら着飾ったカップル(特に彼女の方は機動力無視のヒール装備)が多いのはその為だったか!

試しにネットで検索すると、どこかのサイトに「レンタルサイクルを借りて、訪れてみましょう!」なんて書いてるもんだから一周10km程度なのにやたら自転車が多い。

この記事を書いたのは、たぶんレンタルサイクル屋さんなのだろう。(違うけど)

 

ブランコの下らへんに自転車を止めてパシャリ!

一応ブランコの近くまで行き、彼女のインスタ映えに必死な彼氏に心の中でエールを送り、

上からもパシャリ!

 

早々に一周してしまい、ここからは日間賀島グルメ編突入!

まずは最初に入ったのが「乙姫

ここは民宿もやってるようで、店内はそこそこ広く結構混み合っていた。

しばらく待ってやっと着席。

メニューを見るが、お腹が減っているのでやたらと定食に目が行く。

「この先いっぱい美味しいもの食べる予定だから少しで」って言われたが、どうしたものか…

とりあえず、お酒を我慢して日間賀島名物のタコを食べる。

 

タコに、ハサミ…初体験。

ハサミでチョキチョキして頬張ると、適度に塩気がきいててうまい!

目の前では2人が美味しそうにお酒を飲んでいる…

 

むー

 

もう我慢も限界である。

ええーい、いってしまえ!

生ビールを注文!

一気に流し込むと、うまい!

今まで食べてたタコも数倍うまく感じる。

やっぱこれだな。完全にリミットは外れた。

1軒目を出て、日間賀島グルメをはしごする。

 

2件目は小洒落たテラス席のあるコチラのお店。

もう店名を把握する気力はないが、扉に書いてある「生しらすあります」の文字だけはしっかり把握できる。

さっそく生しらすと、名物料理らしいガーリックたこ飯ボールと、ビールを頼む。

もうビールはFA1)FAとは、ネット用語でファイナルアンサーの略。単に「最終回答」という意味だけでなく「断定する」「確信する」という意味で使われる。

 

生しらす。しぼりたて生しょうゆが気になるが、しょうゆも生にこだわってるということでFA。

 

これがガーリックたこ飯ボール。島には無いであろう小洒落た紙の上に乗っている。

衣の中にはガーリックの効いたたこ飯が入っており、ビールのお供に最高である。

 

ここで話題はアヒージョの話になり、頼むかどうか考える。

パンケーキ、アヒージョ、チーズタッカルビなどを食べてると、なにかと流行りに流されてるだけの人と思われそうで避けがちになるメニューである。

しかし、ここの島の開放感も手伝って食べてみることに。

 

このグツグツ煮えたオイルがインスタ映え以外の何物でも無いんだろうなと思いつつインスタ映え画像ゲット!

このバゲットをオイルに付けて食べると、たまらなくうまい!

この後来てたインスタ映えカップルは、真っ先にアヒージョを注文してた。

流石である。

 

これもお洒落な紙の上に鎮座したタコの唐揚げ。

衣が薄く付けてあるおかげでカリッとしてタコの旨味も十分に感じられとても美味しかった。

 

次に向かったのが、このお店。おいおい、まだ行くのかよっていうツッコミはナシです。

看板は見切れてますが、タコ、エビの姿焼きのお店です。

ここのお店はお土産屋さんなんですが、頼めば出来たてアツアツの姿焼きを購入することが出来ます。

厨房を覗くと見たことがあるような機械が並んでます。

関西のテキ屋ではおなじみのイカ焼き機。

 

昔、関西の知り合いにテキ屋の店番を頼まれた時に知ったのだが、

三重でイカ焼きといえばコレ⬇

関西ではコレ⬇

といっても姿焼きは上のヤツで、これはイカ焼きだと説明されたのを思い出す。

三重では聞いたことも無く、テキ屋の店番をしてた時は、イカの姿焼だと思って来るお客に一生懸命説明してたから印象に残っていたのだろう。

話を戻すと、上下に加熱出来る鉄板が付いていて、素材を押しつぶしながら加熱すると適度な柔らかさを残したソフトせんべい状のものが出来上がるのだ。

これが、タコ、エビの姿焼き。

薄い衣が付いていて、すべての旨味を閉じ込めている。

店前でアツアツの姿焼き。まずいはずがない。

 

そして、ここでも締めソフト。

ソフトに始まり、ソフトに終わる。

日間賀島ポタというよりソフトポタである。

ソフトぽた。なんだか優しそうなポタリングだナ

 

その後、お土産屋さんへ。

なぜか本物のタコお押しのけ多幸まんじゅうなるものが1位。

日持ちする物が人気なのはお土産の性か。

誰が買うんだろう?というような多幸つぼ。(買ってる人がいました

 

日間賀島タイムのおかげで時間はゆっくり流れてるようなのに、気がつけば最終フェリーの時間。

島のお店は17時ですべて閉店。(これも日間賀島タイム)

 

最終のフェリーまで時間が少しあったので、自転車を袋に詰めて待つことに。

 

回りを見渡すとスクーターがいっぱいあります。

うしろのカゴはほとんどのスクーターに標準装備。

日間賀島でなければ、すぐに警察に止められそうなハミ出し具合である。

 

やっとフェリーが到着し、日間賀島ポタはこれにて終了。

島に別れを告げ、

 

tern女子は、広々したフェリー内で横になりましたとさ。

 

今回は、こんな感じでコミュニティを通じて初対面のdahon仲間と知り合い、日間賀島まで行ってしまいました。

最近のロードはマナーが悪いとかいう噂をチラホラ聞いたりしますが、オイラは少なくともこうやってポタリングしてる人達に悪い人はいないと思います。

他の観光客の方々に迷惑にならない様に行動し、その土地々々のものを満喫して、こうやってSNSを通じて皆さんに素晴らしさを発信する。

以前、カルマックスタジマさんのイベントに参加させてもらったときもそうでしたが、皆さんとてもマナーが良くて気持ちよかったからこそ魅力的に感じ、ここまでハマったのだと思います。

まだまだ人口の少ないコンテンツだとは思いますが、もっと色んな所に行って、イッパイ仲間が増えれば楽しいだろうなと今からワクワクが止まりません。

 

「おらワクワクすっぞ!」

 

思わず悟空も参戦!

コホン、それではまた次回の報告まで (´・ω・`)ノシ

スポンサーリンク

脚注   [ + ]

1. FAとは、ネット用語でファイナルアンサーの略。単に「最終回答」という意味だけでなく「断定する」「確信する」という意味で使われる。

2 件のコメント

    • そうなんですよ
      Presto SLを買ってからガラッとライフスタイル変わっちゃいました(笑)
      元々新しいことするのは好きなんですが、相棒が出来たことでさらに世界が広がってます!
      どんどん魅力を発信してくつもりなので期待しててください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です