ひょっこり日間賀島!【前編】

こんばんは、今回はふと思った疑問から日間賀島まで行ってしまったというお話です。

 

1人で色んな所をポタリングするのも楽しいのですが、他のdahonユーザーはどんな所で遊んでるの?という疑問と、情報交換なんかもできればいいなと思いネットで色々検索してみました。

すると、三重方面では個人や、仲間内で楽しんでる記事は見かけるもののサークルや、イベントでポタリングしたなどの記事は皆無。

やはりミニベロ1)ミニベロとは、MINI(小型の)とVELO(自転車)というフランス語。小径車輪の自転車を示す。
小径自転車であっても折りたたみ自転車はフォールディングバイクとして区別されることがある。
専門店の無い三重ではそういった交流は無さそう。。。

 

試しに東京、大阪方面で探してみると結構あるのですが、そう頻繁に行けないので現実的ではない。

するとやはり名古屋近辺か。とういことになり名古屋近辺でそういったサークルを探してみると、少なめではありますがポタリングを企画して活動しているサークル的な集まりがありました!

ということで、善は急げ、さっそく連絡を取り今回の日間賀島ポタが実現したというわけです。

 

そして当日の朝。

 

いつものように早朝から出発です。この日も晴天!

土曜朝の四日市駅、ほぼ人が居ません。正常です。。。

早朝の人があまりいない時間に輪行するのは、朝から走るのが気持ちいいというのもありますが、折り畳んで小さくなるとはいえ場所を取る自転車を電車に持ち込むので、人のなるべくいない時間に運ぶという暗黙のマナーみたいな感じになってます。

まぁ、ここまで人がいないと逆に寂しくなりますが…

 

輪行袋にPrestoを詰め、電車で新舞子駅に向かいます。

四日市から集合場所の新舞子駅までは、乗り継ぎが上手くできれば電車で1時間程度で到着。

 

ちょうどいい時間の電車が無かったので、少し早めに着いて準備を済ませ待ちます。

 

数分後、全員到着です。

左からオイラのPresto SL、マンゴーオレンジが眩しい主催者さんの Visc. P20、そしてブルーのラインが美しいtern2)Ternは、 Joshua Honさんが2011年に始めた新しい折りたたみ自転車ブランド。JoshuaさんはDavidさんの息子さんであり、DAHONから独立したブランドである。女子さんのLink N8の3台。

やばい!ビジュアル的にかなり負けてます。

ああ、オイラのPrestoはインスタ映えしないんだな…とこの時気付きました(´・ω・`)

 

気を取り直して、いよいよ日間賀島に向けて出発です。

今回のコースは、知多半島師崎まで下り、そこからフェリーで日間賀島まで向かう予定です。

Visc、Link、Prestoの順番で並び走り出します。

 

海沿いの気持ちい道を走り、

 

景色のいい所でパシャリ!

Viscがひときわ映えまくってます。

オイラのPrestoはマッド加工なので輝きません。

お気に入りのマッドなチタンカラーでしたが、少し凹みます。(´・ω・`)

 

更に進んで、ここもインスタ映えする絶景ポイント、

 

野間灯台3)愛知県最古の灯台・野間埼灯台は美浜町のシンボル。
灯台の周りは鉄の柵で囲まれている。野間灯台の柵に南京錠をかけると恋愛が成就するというジンクスは20年以上前からある。
あまりに大量の南京錠がかけられた為、その重みで柵が倒れたこともあったとか。
2011年に美浜町と日本福祉大学が共同で、五線譜をモチーフとしたアルミ製モニュメント「絆の音色」を製作。
現在はこのモニュメントに南京錠を取り付けることができる。さらに、2012年には新モニュメント「絆の鐘」も作られた。
に到着!

脚注にあるように、ここには大量の南京錠が取り付けられている。

よーく見るとそこに張り紙が見える

どうやらこの大量の南京錠を撤去するらしい。

ご祈祷などの日程が書かれている。

 

ふと、昔、霊感が強い人に恐ろしい守護霊について聞いたことを思い出した。

人に付いてる霊で一番多いのは守護霊で、ご先祖様や、過去に縁のあった人、動物なんかも見えたりするらしい。

これは見守ってくれてる霊なのでイイことはあっても、不幸を起こすようなことはないらしい。

ちなみにオイラに憑いてるのは犬だといわれました…だからこんなに思いつきで突っ走るのか!っておい!

コホン、話が逸れましたが、その中でも生霊ってのがあってこれが一番ヤバイんだそう。

生霊とは、まだ生きてる人の霊(怨念)などで、たまに憑いてる人を見るそうだが、皆すごい形相をしてるらしい。

これは想像だが、藁人形の呪いなど(恨みの思い)で憑いたのが生霊なのではないかと思う。

 

ここに着いてる鍵、ある意味藁人形である。

 

絶対外れないようにガチャ……ぎゃゃゃぁ!!

 

恋愛のもつれが一番恐ろしい。ご祈祷よろしくお願いします。

 

灯台から少し走り、

食と健康の館に到着!

 

1本の鍵で仲良く駐車。

食と健康の館だが、もちろん食を優先。

 

名物らしい美浜の塩ソフトを注文し、パクリ!

塩気のおかげで甘さが引き立っいる。美浜の塩もいい仕事するなぁと思いながらペロリと平らげた。

 

次に向かったのが、

ジャコデス」(じゃこの直売所)横にある軽食が食べられる所。

ここで噂に聞いていたじゃこソフトなるものを注文!

 

なんというビジュアル!もはやインスタ映えなのかすらも分からない(´・ω・`)

しかしこのじゃこソフト、じゃこの塩気がいい感じで、新鮮だからなのか生臭さもなく旨味のみがうまく合わさってなかなかいけます!

最初はネタだと思っていましたが、以外にアリですじゃこソフト

 

少し休憩してからフェリー乗り場まで移動。

船で輪行なんて初めての経験です。

乗る時に滑って海にドボン!したら…よからぬ想像が膨らみます。

 

心配をよそにすんなり乗船。

考えてみれば、毎日島を行き来してるんだからそんな事あるわけない。

 

そしていよいよ日間賀島上陸!

 

後編へ続く

スポンサーリンク

脚注   [ + ]

1. ミニベロとは、MINI(小型の)とVELO(自転車)というフランス語。小径車輪の自転車を示す。
小径自転車であっても折りたたみ自転車はフォールディングバイクとして区別されることがある。
2. Ternは、 Joshua Honさんが2011年に始めた新しい折りたたみ自転車ブランド。JoshuaさんはDavidさんの息子さんであり、DAHONから独立したブランドである。
3. 愛知県最古の灯台・野間埼灯台は美浜町のシンボル。
灯台の周りは鉄の柵で囲まれている。野間灯台の柵に南京錠をかけると恋愛が成就するというジンクスは20年以上前からある。
あまりに大量の南京錠がかけられた為、その重みで柵が倒れたこともあったとか。
2011年に美浜町と日本福祉大学が共同で、五線譜をモチーフとしたアルミ製モニュメント「絆の音色」を製作。
現在はこのモニュメントに南京錠を取り付けることができる。さらに、2012年には新モニュメント「絆の鐘」も作られた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です